line
エレガンシィ・パールは、お客様の美しさのために輝く。
光沢(てり)…真珠を選ぶ際、もっとも大切なのが光沢です。曇りがなく凛とした強い光沢のあるものが良いとされています。

巻き…巻きとは、核の周囲の真珠層のことで、巻きの厚さは真珠の良し悪しを決定する最大の要素です。厚いものほど美しく耐久性にも優れています。

形…形はさまざまですが、正装用などには真円に近い程良いとされます。

きず…きずが少なく表面が滑らかなものほど良いとされます。傷の場所や数、大きさによってその価格は大きく左右されます。

色…好みは人により異なりますが、ホワイト系・ブルー系・ピンク系・クリーム系・シルバー系などがあり、色の均質なものが良いとされます。

大きさ…品質が同等クラスであれば粒の大きいほうが価格も高くなります。

仕上げ(連相)…品質はもとより粒の大きさが揃っているものが良いとされます。

パール

花珠とは、採取された良質の真珠のうちでも特に色や輝きが美しいものをいいます。

人工採苗のときから考えると、4年ほどの年月をかけて真珠は誕生しますが、 核入れ手術のあとの養殖期間中に50%近い貝が死んでしまいます。 しかも、浜揚げの真珠はまさに玉石混淆といった状態です。それでも「花珠」を手にするとき、それまでの苦労は消えてしまいます。

 マルチアコヤ本真珠ネックレス
 Hanadama Pearl Jewelry Debut Set

特定商取引法に基づく表示当サイトについて | ご利用規約 | お問い合わせ
Copyright (C)2008 Elegancy All rights reserved.